母子手帳

妊娠中に分かる子供の性別

妊娠した時の性別が分かる時期っていつ頃かご存知でしょうか。
実は受精後には性別はすでに決まっていると言われています。
そこで、今回は妊娠中にわかる子供の性別について説明していきたいと思います。
また、どの段階で知ることができるのかについても詳しく説明します。

子供の性別は、妊娠中の成長段階で分かるものではなく、受精した時点で決まっているのです。
決して成長段階で性別が変わるわけではありません。
しかし、受精後の段階で性別は決まっていますが、現在の医療ではその段階で男の子か女の子かの判断をすることは残念ながらできません。
それではいつ頃区別をすることができるのかを説明します。

通常は妊娠9週頃から差が出てきて区別がしやすくなると言われています。
それから妊娠11週頃までになると男の子か女の子かの区別がはっきりとわかるようになります。
区別ができるのは妊娠9週頃から11週頃に判断ができ、お母さんに知らされるのは大体妊娠16週頃からとされています。
しかしそれは早い段階でとなりますので、確認しやすい時期は大体妊娠24週頃だと言われています。
それまではどちらが産まれてくるか分からない場合もあるので、期待を膨らませながらその時を待つようにしましょう。

また、現段階での医療は絶対ということはなく、お腹の中の赤ちゃんの状態では産まれてくるまで性別が判断できないこともあります。
その時の状況によって変わってきますので、これはあくまでも目安ということになりそうです。
安定した妊活が送れるように気持ちは高まりますが、落ち着いて赤ちゃんの誕生を楽しみに待ちましょう。

赤ちゃんの性別が判断しやすくなるのは、早くて妊娠16週頃からとなりそうです。
100パーセントとは言えませんが、妊娠24週頃には大体男の子か女の子かがはっきりと分かるようになるようです。
現段階の医療では性別の判断に絶対ということはないので、お腹の中の赤ちゃんの状況によっては判断しづらい場合もあります。
妊娠中のお母さんは、気持ちを落ち着かせて赤ちゃんの誕生を待ちましょう。